hargr療法と一般的な治療法との違い

harg療法は、従来行われてきた治療法とはどういった違いがあるのでしょう?

今まで病院で行われてきた一般的な治療には、飲み薬タイプと塗り薬タイプの二種類があります。

薄毛になる原因は人によって様々な原因がありますが、主な原因として種類も二つ。

髪の毛のサイクルがホルモンのバランス・異常によって乱されている場合。

もう一つは頭皮の血行不良による場合。

どちらかひとつが原因、というわけではなくその両方が原因となっていることもありますし、他の要因が症状の起爆スイッチになっていることもあります。

症状は薄毛とひとくくりに称されますが、なんと難しいものなのでしょう!

ホルモンバランスによるサイクルの乱れに対してはフェリスナリドというものを主成分にした飲み薬を、血行不良であればミノキシジルを主成分とした塗り薬を処方されるのが一般的。

やはり薬という事で、それぞれには副作用が出ることもあり、ちょっと不安・・・。

そして薬による治療には、harg療法とは違い、長期治療による薬への耐性がついてしまう場合や、途中でやめてしまうと効果がなくなってしまうことや最悪の場合治療前よりも悪化してしまうケースもあるようです。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.